理念

先義後利

人として何を優先すべきか、利益は後からついてくるものとの考えのもと経営を行います。
まずは、次世代へ南阿蘇の恵みを届けること、長年培われてきた地下水の恵みを絶やさないことを基本としております。
そのため、以下の点を柱とし、農業を行っております。
① 薬剤利用の土壌消毒を行わない
② 除草剤不使用
③ 残留肥料ゼロを実現するための施肥設計
④ 最低限の元肥施肥
多収量を目指すことは、経営効率を高め、リスクを抑え、多くの肥料を利用することとなります。
しかし、同時に地下水への流亡、土壌バランスの崩れを招くこととなってしまいます。目に見えない部分への影響は、目に見える変化が訪れた時にはもう遅いと言われています。 私は、乾燥地の緑化を目指し大学へと進学しました。その原点は、中学1年の時に聞いた、水資源がいずれ枯渇し、食糧危機が訪れるという話でした。自分ひとりの力でできることは限られていますが、新しい農業経営の形を次世代に少しでも残せたらとの想いで、初心を忘れず歩んでまいります。

理念

代表者写真

代表荒木昌造

会社名 トマト農園Soil
所在地 〒869-1412 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字久石3875-3
電話番号 090-9834-4662
設立 2017年4月1日
事業内容 農業生産、飲食店経営、宿泊事業、観光事業